せどりで稼ぐには?

アカウント作成後、出品する準備

スポンサードリンク

Amazonに出品するには

Amazonに出品する準備

 

 

それでは、アカウントの作成ができたら次は出品の準備が必要です。

 

出品する際にアカウントを作って、まず最初に行ってもらいたいのが、出品に必要な情報の登録です。クレジットカードや売り上げの振込み先の登録もここでします。

 

 

作ったアカウントで、サインイン(ログイン)すると、以下のような画面になります。

 

Amazon出品者登録

 

この画面の右端にある赤枠「出品用アカウント」というところをクリックします。

 

 

 

すると、出品専用にページになりますので、ページの下の方の、「設定」というカテゴリの「出品用アカウント情報」というところをクリックします。

 

Amazon出品者登録

 

 

すると、以下のような画面なりますので、赤枠の「編集」というところをクリックして1つづつ設定していきます。

 

Amazon出品者登録

 

 

沢山編集する箇所がありますので、上から1つずつご説明していきます。

 

 

Amazon出品者登録出品形態
まず、1番上の「出品形態」というところですが、これは大口出品と小口出品という2つの形態があり、毎月の販売数が関係してきます。

 

アカウント作成時の小口出品の場合、Amazonで出品した商品が売れると、売れた商品1点につき「基本成約料」という手数料が100円かかってきます。

 

そこで、月に4900円かかりますが、小口出品から大口出品に切り替えると、この基本成約料100円が免除となります。

 

例えば、小口出品で月に100点販売したら、基本成約料は100円×100点で10000円になります。

 

しかし、この時、月4900円を払って大口出品にしていれば100点売っても200点売っても基本成約料は免除ですので、4900円だけで済みます。

 

つまり、毎月49点以上の販売が見込めるなら大口出品形態、49点以下なら小口出品形態がお得ということになります。

 

 

 

Amazon出品者登録出品ステータス
この出品ステータスというのは、現在の出品状況のことです。
出品中に設定すれば、正常に出品されていますし、旅行などでしばらく留守にする場合は「出品停止設定」にすれば出品中の全商品を一時停止することができます。

 

 

 

Amazon出品者登録出品者の情報
出品者の情報というのは、出品した商品に表示されるストアの名前です。
ご自分でお好きな名前を決めてOKです。
せどりですと、〇〇堂や〇〇ブックなどが多いですね。

 

 

Amazon出品者登録会社住所
会社住所というのは、会社としてせどりをしていない限り、ご自宅の住所でOKです。
私も自宅住所です。

 

 

 

Amazon出品者登録正式名称
この正式名称も「出品者の情報」で決めたストアの名前と同じでOKです。
私も同じにしています。

 

 

 

Amazon出品者登録フィード処理レポートの言語設定
これはよく分からないのですが、私は「英語(米国)」になっています。
分からなくてすみません(^-^;
今まで3年間この設定ですが、何の問題も無いので「英語(米国)」で大丈夫だと思います。

 

 

 

Amazon出品者登録銀行口座情報
売れた商品の売上金を振り込んでもらう口座です。
Amazonでは設定はできますが、最短で14日ごとに売り上げを振り込んでもらうことが可能です。

 

 

 

Amazon出品者登録クレジットカード情報
クレジットカードは、販売した商品に問題があり、返金する際の支払いとして使います。

 

 

 

Amazon出品者登録返送先住所
返送先住所は、返品の際に購入者さんにお知らせする返送先です。

 

 

 

Amazon出品者登録支払い方法の設定
支払い方法の設定の設定は、購入者さんのお支払方法として、コンビニ支払を可能にするか不可にするかという設定です。

 

購入者さんの中にはクレジットカードを持っておられない方もいますので、コンビニ支払いは可能にしておいた方が販売機会が増え、売り上げアップが見込めます。

 

もちろん私もコンビニ支払可能です。

 

 

 

設定する箇所が多くて大変ですが、以上で出品するに当たっての準備は終了です(*^_^*)

 

それでは、次は実際に出品してみましょう。

 

⇒出品する

 

 

⇒トップページに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク

スポンサードリンク








ホーム RSS購読 サイトマップ