せどりで稼ぐには?

メール便廃止によるせどりへの影響

スポンサードリンク

メール便廃止でせどりの影響は

27年3月31日 クロネコメール便廃止

 

皆さんご存知だと思いますが、27年3月31日をもちましてヤマト運輸のクロネコメール便が廃止となりました。

 

理由としては、「利用者が知らないうちに信書を送ってしまうリスクを防ぐ」という理由からだそうです。

 

信書???

 

正直、私も信書の意味はあまり理解しておりません(^-^;

 

そこで少し調べてみました。↓

 

信書とは?

 

『特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書』

 


 

ややこしいですね(^-^;

 

しかし、この信書を知らずにメール便で送ってしまうと、法律違反となり罰せられるようです。

 

せどりで本を発送する場合は、もちろん「非信書」になるのですが、あまりにも知らずに信書を送ってしまう利用者が多いため、今回ヤマトはメール便の廃止に踏み切ったようです。

 

そこで気になるのが、せどりへの影響です。

 

せどりは、ほとんどの方が送料の安さから発送はクロネコメール便を利用していると思います。

 

クロネコメール便は、1センチ以内が82円、2センチ以内が164円と格安で売れた本を発送することができる上に、集荷にも来てくれるというせどりでは必須のツールです。

 

しかし、これが3月31日を持って廃止になってしまいます。

 

それで、このメール便廃止がせどりにどれ程の影響を与えるかということですが、

 

私の考えとしては、一時的なもので、それほど影響は無いと思います。

 

本が電子書籍化される時も、一部の店舗でせどりが禁止になった時も、ワンデーサンクスパスが廃止になった時も、

 

「せどりは終わった」などと言われていましたが、少なくとも私は全く影響はありませんでした。

 

ですので、今回のメール便廃止に関しても、時間が経てば「あ、そんなこともあったね」くらいになると思います。

 

 

確かにせどりの基本は100円、200円の利益をとっていく「薄利多売」です。

 

格安送料のメール便が廃止になるということは、送料が上がり、利益が出なくなってしまうのではないか?という心配もありますが、何も送料が安いのはメール便だけではありません。

 

せどり発送=メール便

 

というのが当たり前になっていましたが、実はクロネコメール便以外にも100円台で発送できるサービスもあります。

 

それに、ヤマトはメール便廃止に伴い、メール便に変わる新たな新サービスも用意しています。

 

確かに、メール便から他の発送方法に切り替えるという対応は必要となってきます。

 

しかしこれは、誰もが通る道です。

 

ですので、まずは、どんな発送方法があるかというのを把握して、自分に合った発送方法を選ぶことで、これまでのようにせどりで稼ぐことはできます。

 

それに今回の件で、せどりを辞める、もしくは、始めようと思ったけどメール便が使えないならやめた、という人もいると思います。

 

逆に言えばチャンスです。ライバルが減ればそれだけ稼ぎやすくなります。

 

メール便以外の発送方法は、他の記事で詳しくご紹介させていただいておりますので、参考にしていただければ幸いです(*^_^*)

 

 

⇒トップページに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク

スポンサードリンク








ホーム RSS購読 サイトマップ