せどりで稼ぐには?

ヤマト運輸 個人と法人の違い

スポンサードリンク

ヤマト運輸 個人と法人の違いは?

副業せどりでもヤマトと契約はできます

 

今回のメール便が廃止になって始まる新サービスですが、分かりにくいのは、法人と個人の違いです。

 

以下の表は、27年4月開始のヤマト運輸新サービスの説明です。
この新サービスでも、「法人」と「個人」が細かく分けられています。

 

そして、法人は使えても個人では使えないサービスなどもあります。

 

このヤマト運輸の法人と個人の違いですが、簡単に言いますと、

 

送料を毎回現金で払うか?月にまとめて払うか?

 

という違いだけになっています。

 

ですので、会社を持っていなくても、屋号がなくても月払いにすると「法人」として扱われます。

 

副業せどらーなどの個人が月払いのするのもヤマトと契約すれば可能です。

 

ヤマトと契約と聞くと、大げさに聞こえるかもしれませんが、月の発送数が50ほどあればヤマト運輸は法人として契約をしてくれます。

 

私も、もちろん副業せどりの個人で法人契約をしています。

 

法人契約は、できるならしておいた方が色々と得なので、発送数が月50冊以上ある方は一度担当の営業所にお願いしてみるのも良いかと思います。

 

 

⇒トップページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク

スポンサードリンク








ホーム RSS購読 サイトマップ