せどりで稼ぐには?

ライバルとの価格改定について

スポンサードリンク

せどりした本のライバルとの価格競争について

こちらの質問は、せどりした本を出品したところ、ライバルが大幅に価格を下げてきて、自分の予想利益を下回った場合どうすればいいか?というご質問をいただきました。

 

【ご質問内容】
出品本のライバルとの価格競争について

 

Qが質問者様、Aが私の答えとなります。

 

今だいたい商品数で100に到達したのですが、現在品物の値付けについて悩んでおりまして、商品を基準通りに仕入れているのですが、

 

出品した数日後に自分の利益のとれない価格の商品が続々出品されてきてしまい一ページ目に自分の商品が表示されなくなってしまったりした場合赤字覚悟で値段を下げ最安値の二番手付近につけさせた方がいいのでしょうか?

 

また、価格改定のコツや判断基準などがありましたら教えていただけないでしょうか?

 

価格改定のコツですが、まず1つ頭に置いておかないといけないのが、

 

「せどりは1冊ではなく全体で利益を取る」

 

ということです。

 

せどりは沢山の在庫を保有しますので、中にはどうしても仕入れ値より相場が安くなってしまう本が出てきます。

 

しかし、それを利益を出そうと価格を高いままにしておくと、自分以外の出品が全て1円などになってしまい、どうすることもできない状態になることがあります。

 

そこで、このような状態にならないために大切なのが、

 

「損切り」

 

です。

 

 

損切りとは、株やFXなどでも使われる言葉ですが、自分の考えと逆に行った場合に損覚悟で売ってしまうことです。

 

これによって、損失を最小限に抑えることができます。

 

せどりでもその考え方(損切り)が重要で、仕入れた本が予想とは逆に下がり出した場合、対応策としては、精神的にはツライですが最安値についていくことが最善です。

 

こうすることによって、少しでも仕入れ金を回収して、また次の仕入れに回すことができます。

 

売れる!と信じて辛抱強く粘っても、結局1円になってしまったのでは元も子もないですからね。

 

以上、宜しくお願いいたします。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク

スポンサードリンク








ホーム RSS購読 サイトマップ